本文へジャンプ

多面的機能支払交付金(旧 農地・水・保全管理支払交付金)
~いしかわ多面的機能発揮推進協議会~

多面的機能支払交付金とは…

 農業・農村は、国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成等の多面的機能を有しており、その利益は広く国民が享受している。
 しかしながら、近年の農村地域の過疎化、高齢化、混住化等の進行に伴う集落機能の低下により、地域の共同活動によって支えられている多面的機能の発揮に支障が生じつつある。また、地域の共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道等の地域資源の保全管理に対する担い手農家の負担の増加も懸念されるところである。
 多面的機能支払交付金(以下「本交付金」という。)は、このような状況に鑑み、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進することにより、農業・農村の有する多面的機能が今後とも適切に維持・発揮されるようにするとともに、担い手農家への農地集積という構造改革を後押しするものである。「農地・水・環境保全向上対策」を平成19年度から、平成24年度から、「農地・水保全支払交付金」、平成26年度から「多面的機能支払交付金」として実施しています。
  いしかわ多面的機能発揮推進協議会では、これらの活動をサポートしています。

いしかわ多面的機能発揮推進協議会について

 平成27年4月より「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」が施行されました。主な変更点は、下記の2点になります。
〈主な変更点〉
①「計画制度」において、活動組織は事業計画を作成して市町村の認定を受け、それに基づいて活動に取り組むこととなります。
②「交付ルート」が国、都道府県、市町村、活動組織という流れとなります。

組織体制は下記のとおりです。

水土里ネットいしかわの支援内容

「水土里ネットいしかわ」は、県農林総合事務所毎に設置されている協議会支部において、県、市町と共に活動組織の助言、指導を実施しています。
また、生態系保全計画の作成や生き物調査の指導及び活動組織の事務の支援業務を行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

活動報告

リンク

お問い合わせ先

事務局

いしかわ多面的機能発揮推進協議会(水土里ネットいしかわ内)
TEL・FAX 076-249-8191

支援業務について

測量調査課
TEL 076-249-7181 FAX 076-249-6513